バッちゃんの星

バッちゃんの星は、5chやTwitterなどで離婚を考えている方や離婚経験のある方、家庭内別居、不倫、浮気、モラハラ等、離婚に関係する情報をまとめています。毎日更新していきますので、皆様のご意見等お待ちしておりま~す!

    カテゴリ: 親権



    (出典 www.riconhiroba.com)


    親子面会問題情報まとめ!

    1 みつを ★ :2018/03/06(火) 05:22:54.61 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180306/k10011352661000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    3月6日 5時19分
    離婚などで離れて暮らす子どもと会うことができない親たちと、支援している弁護士グループが、親子が迅速に面会交流できるようにする法律の整備を求めて国を訴える裁判を起こすことになりました。

    裁判の準備を進めているのは、夫婦間の離婚や別居で子どもと離れて暮らしている親たちと、支援している弁護士グループです。
    こうした「別居親」たちは、「面会交流」で子どもと定期的に会うことを望んでいますが、同居している親の反対で実現まで何年もかかったり、事前の取り決め通りに会えなかったりした経験があるということです。

    弁護士グループは、家庭内暴力などの問題がないのに片方の親が一方的に子どもを連れ出したような場合でも別居親が迅速に子どもと会えないのは、面会交流に関する法律が整備されていないからだと主張して、別居親など14人を原告に、国に賠償を求める裁判を近く東京地方裁判所に起こすことを決めました。

    提訴する上野晃弁護士は「定期的に親子が交流できる法制度が存在していないことで、会えずにつらい思いをしている親と子どもがいる。国会で立法措置を整えてくださいと求める思いで訴えを起こしたい」と話しています。


    【【面会交流】定期的に親子が交流できる法整備求め提訴へ】の続きを読む



    (出典 img.prepapa-hiroba.com)

    親権争い情報まとめ!

    子育て中の夫婦が離婚や別居をしたとき、子どもの面倒をどちらが見るのか。この問題をめぐる両親間の紛争が増えている。調停や審判では、母親を選ぶケースが多いが、割合は少ないものの、父親を選ぶケースも一定数ある。「産んだ子どもと一緒に暮らせないなんて」と母親からは嘆きの声も出ている。 (寺本康弘) 
     首都圏に住む四十代の女性は三年前、長男を出産。直後から育児への不安で眠れない日が続いた。心療内科で産後うつと診断されたため、子を夫に託し、療養のため実家に戻った。 
    女性によると、それを境に夫の態度が変わったという。約一カ月ぶりに自宅に戻ると追い出され、荷物も女性の実家に送り付けられた。何度か二人で会ったが、「出産後に家事をしなかった」などと責められ、話し合いにならなかった。子には会えなかった。 
    女性は別居から半年ほどたった後、子どもを引き取って暮らすため、同居して面倒を見る役割の「監護者」指定を求めて家庭裁判所に申し立てた。 
    しかし家裁は父親を監護者に指定した。現状では子どもが父親側に安定的に監護されており、この環境維持が子の福祉にかなうと判断したからだ。一方で母親と暮らすと、保育園を移らねばならず、子どもを不安定な状況に置くことになると女性の主張を退けた。現在も離婚はしていない。 
    女性は「裁判所は継続性の重視というが、現状を追認しただけ。どちらの親が子にとって良いかはまともに比較しなかった」と批判する。 
    どちらが子どもと暮らすのかをめぐる裁判所への申立件数はおおむね増加傾向だ=グラフ。少子化や、父親側が子どもと暮らしたいといった意識変化などが背景にあるとみられる。二〇一五年の司法統計によると、子のいる夫婦の離婚調停と審判の件数計一万九千八百三十六件。父親が親権者に決まったのは千九百四十七件だった。 
    子の親権者や監護者は、裁判でどのように決められるのか。家族法が専門の関西学院大の山口亮子教授は「裁判所は子の最善の利益を第一に考える」と説明する。 
    判断する主な要件としては「子の面倒を主に見ていた者」「継続性」「親の寛容度」「子の意思」の四つをあげる。もちろんDV(家庭内暴力)や子への虐待があれば、判断する際にマイナスに作用する。 
    山口教授によると、戦後の高度経済成長期以降、母親の愛情や養育が子の利益にかなうと考えられ、子の面倒を見るのに母親が優先される傾向が強かった。しかし、最近は、子の面倒を普段見ているのはどちらかが主な条件に変わってきたという。 
    判断基準が、より公正公平、客観的になってきたように映る。一方で、子どもと一緒に暮らせなくなる親には不満や悲痛な思いが残り、裁判所への不信感につながっているとの指摘もある。 
    山口教授は「裁判官も相当苦労して判断していると思われるが、現在の法律ではどんな事情があっても両親のどちらか一方を親権者や監護者に決めなければならないから」と話す。 
     
     <親権と監護> 民法で規定。親権には、子どもの世話やしつけをする身上監護権と、子どもの契約に同意したり代理したりする財産管理権がある。婚姻中は父母がともに親権者となるが、離婚する際にはどちらか一方を親権者と定めなければならない。婚姻中だが別居している場合、子どもとの暮らしを認めてもらうため、監護者の指定を求めて審判を申し立てることがある。 
     引用元 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201706/CK2017063002000181.html 
     参考 
     民法 
     離婚後の子の監護に関する事項の定め等) 
     第七百六十六条  父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。 
     この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。 

    722 名無しさん@1周年

    産後鬱で子供を置いて実家に帰って時点で、子供の面倒は誰がみていたのか。

    父親が乳児を抱え、働いて家計も支えていた。
    働けなかったとしても、子供は育てていた。

    赤ちゃんを置いて実家に帰って親に面倒を見てもらった妻。
    いなくても平気だったとわかったのだろう。
    これは監護権が父親になっても当然のこと。

    自分は母親だけど、当然そう思う。
    一番大変な乳児初期を何もしないで、母親の権利だけ主張するのはあまりにも身勝手。


    【【乳児初期】何もしないで母親の権利だけ主張するのはあまりにも身勝手!】の続きを読む



    (出典 www.plus-yokohama.com)


    親権争い情報まとめ!

    子育て中の夫婦が離婚や別居をしたとき、子どもの面倒をどちらが見るのか。この問題をめぐる両親間の紛争が増えている。調停や審判では、母親を選ぶケースが多いが、割合は少ないものの、父親を選ぶケースも一定数ある。「産んだ子どもと一緒に暮らせないなんて」と母親からは嘆きの声も出ている。 (寺本康弘) 
     首都圏に住む四十代の女性は三年前、長男を出産。直後から育児への不安で眠れない日が続いた。心療内科で産後うつと診断されたため、子を夫に託し、療養のため実家に戻った。 
    女性によると、それを境に夫の態度が変わったという。約一カ月ぶりに自宅に戻ると追い出され、荷物も女性の実家に送り付けられた。何度か二人で会ったが、「出産後に家事をしなかった」などと責められ、話し合いにならなかった。子には会えなかった。 
    女性は別居から半年ほどたった後、子どもを引き取って暮らすため、同居して面倒を見る役割の「監護者」指定を求めて家庭裁判所に申し立てた。 
    しかし家裁は父親を監護者に指定した。現状では子どもが父親側に安定的に監護されており、この環境維持が子の福祉にかなうと判断したからだ。一方で母親と暮らすと、保育園を移らねばならず、子どもを不安定な状況に置くことになると女性の主張を退けた。現在も離婚はしていない。 
    女性は「裁判所は継続性の重視というが、現状を追認しただけ。どちらの親が子にとって良いかはまともに比較しなかった」と批判する。 
    どちらが子どもと暮らすのかをめぐる裁判所への申立件数はおおむね増加傾向だ=グラフ。少子化や、父親側が子どもと暮らしたいといった意識変化などが背景にあるとみられる。二〇一五年の司法統計によると、子のいる夫婦の離婚調停と審判の件数計一万九千八百三十六件。父親が親権者に決まったのは千九百四十七件だった。 
    子の親権者や監護者は、裁判でどのように決められるのか。家族法が専門の関西学院大の山口亮子教授は「裁判所は子の最善の利益を第一に考える」と説明する。 
    判断する主な要件としては「子の面倒を主に見ていた者」「継続性」「親の寛容度」「子の意思」の四つをあげる。もちろんDV(家庭内暴力)や子への虐待があれば、判断する際にマイナスに作用する。 
    山口教授によると、戦後の高度経済成長期以降、母親の愛情や養育が子の利益にかなうと考えられ、子の面倒を見るのに母親が優先される傾向が強かった。しかし、最近は、子の面倒を普段見ているのはどちらかが主な条件に変わってきたという。 
    判断基準が、より公正公平、客観的になってきたように映る。一方で、子どもと一緒に暮らせなくなる親には不満や悲痛な思いが残り、裁判所への不信感につながっているとの指摘もある。 
    山口教授は「裁判官も相当苦労して判断していると思われるが、現在の法律ではどんな事情があっても両親のどちらか一方を親権者や監護者に決めなければならないから」と話す。 
     
     <親権と監護> 民法で規定。親権には、子どもの世話やしつけをする身上監護権と、子どもの契約に同意したり代理したりする財産管理権がある。婚姻中は父母がともに親権者となるが、離婚する際にはどちらか一方を親権者と定めなければならない。婚姻中だが別居している場合、子どもとの暮らしを認めてもらうため、監護者の指定を求めて審判を申し立てることがある。 
     引用元 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201706/CK2017063002000181.html 
     参考 
     民法 
     離婚後の子の監護に関する事項の定め等) 
     第七百六十六条  父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。 
     この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。 

    484 名無しさん@1周年

    重要なのは「子の面倒を主に見ていた者」
    これ
    母親が当てはまることが多いけども
    もしそれでは嫌だと思う男性がいたなら
    共働きで、家事も育児も折半か主に見るくらいの勢いでやればいいよ
    育児休暇とか、時短とか、急な早退欠勤も仕方ない覚悟で
    面倒を母親に丸投げするから取られちゃうんだよ


    【【親権】重要なのは「子の面倒を主に見ていた者」?】の続きを読む



    (出典 bayareafuneralservice.com)


    親権問題情報まとめ!

    401 離婚さんいらっしゃい :2017/11/30(木) 17:30:12.28 .net

    子供連れ去られ、調停中です(裁判までいくでしょう)相手は弁護士つけてます
    ・子供10歳
    ・でっち上げDV 捏造写真付き
    原因:単身中で仲が悪くなった。帰省前に連れ去られた。

    対策
    1 強引かつ上手く連れ去る。 ←誘拐になるみたいですね
    2 調停→裁判 ←確実に負ける、であろう。
    3 玉砕覚悟で妻側に乗り込み、恐怖に訴える

    真剣です。合法性に関わらず、アドバイスください。


    【でっち上げDV!単身中で仲が悪くなり帰省前に連れ去られた...】の続きを読む

    このページのトップヘ