バッちゃんの星

バッちゃんの星は、5chやTwitterなどで離婚を考えている方や離婚経験のある方、家庭内別居、不倫、浮気、モラハラ等、離婚に関係する情報をまとめています。毎日更新していきますので、皆様のご意見等お待ちしておりま~す!

    カテゴリ: DV



    (出典 img.recordchina.co.jp)


    離婚情報まとめ!

    1 名無しさん@涙目です。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000500-san-cn

    あるIT起業家の死が中国社会で波紋を呼んでいる。
    男性は婚活サイトで知り合った女性と結婚したが、わずか1カ月余りで離婚。
    その後、インターネット上に女性の非道を訴える“遺書”を残して自*た。男性に何が起きたのか-。(中国総局 西見由章)

     2000万人のユーザーがいたとされる中国の無料通話アプリ「WePhone」。
    その開発者である蘇享茂氏(37)が9月7日、建物の屋上から飛び降りて自ら命を絶った。
    中国紙の新京報によると蘇氏は前日、ネット上に残した文書の中で、婚活サイトで知り合い離婚した女性から多額の慰謝料や不動産の譲渡を要求され、金が用意できずに追い込まれていたことを告白していた。

     文書によると、離婚した元妻は「WePhone」が法律上グレーゾーンだと非難し、おじが警察官であることを利用して「サービスを停止させて罰金を科し、破産させる」と脅迫していたという。

     元妻は蘇氏の「脱税行為」も指摘。
    離婚にあたり、精神的苦痛に対する慰謝料として1000万元(約1億6千万円)と、リゾート地である海南省三亜のマンションの譲渡を要求していたと蘇氏は訴えている。

    蘇氏は7月18日に署名された離婚協議書もネット上で公開した。
    協議書は蘇氏が無条件で三亜のマンションを女性に譲渡しなければならないと規定。
    また蘇氏は無条件で1000万元の慰謝料を女性に支払うとし、うち未払いの340万元については120日以内に支払うことを要求。
    実行できなければ毎日10万元(約160万円)の利息が発生すると明記されている。

     蘇氏が死去した2日後に遺族が発表した声明によると、蘇氏は9月7日の早朝5時ごろ、「元妻の嫌がらせに耐えられず」飛び降り自殺を図った。
    死亡する数時間前には元妻からの脅しと非難のメッセージが次々と届いていたという。

     蘇氏と元妻は今年3月に婚活サイトで知り合い、6月7日に結婚した。
    蘇氏は妻に海南のマンションや電気自動車を買い与えるなどしたが、1カ月余り後の7月18日には離婚が成立した。

     蘇氏は、結婚後に元妻の態度が豹変したと主張。
    また蘇氏は初婚だったが、元妻は過去に短期間の結婚歴がありながら婚活サイトも元妻もその情報を蘇氏に知らせていなかったという。


    【【非道】元妻の嫌がらせに耐えられず飛び降り...】の続きを読む


    イメージ画像(Thinkstockより)
    日刊サイゾー

     先日、ロシアで過去18年間に30人以上を殺害し、食した“人食い夫婦”が逮捕されたというニュースをお伝えしたばかりだが(参照記事 http://www.cyzo.com/2017/09/post_34619.html)、今度はベルギーで身の毛もよだつ猟奇事件が発生した。27歳の女が、2歳になる実の娘をバーベキューコンロで“調理”したというのだ。

     現地の報道によると、事件が起きたのは9月24日、ブリュッセル郊外にあるゼムスト市だ。女児が泣き叫ぶ声を聞いた近隣住民の通報により駆けつけた警察が、民家のガレージ内のバーベキューコンロで、女児とみられる人体を焼いている女を発見。女児の体は完全に火が通った状態だったという。

     現行犯逮捕された女は、その遺体が自身の娘であることを認めた上で、「私と娘は焼かれなければならない。それが、共に天国に行く、唯一の方法だ」と語ったという。

     警察は現在、女が女児を生きたまま焼いたのか、殺害してから焼いたのかについて調査中だ。ただ、近隣住民の証言によると、女児の悲鳴を聞いた際、ガレージのドアの下部から煙が漏れ出ていたといい、生きたまま焼かれた可能性が高い。なお、検視結果は今のところ公にされていない。

     女はアフリカ出身で、少し前に離婚をして以来、たびたびうつ状態になっていたという。また、女は殺害した娘のほかに実母とも同居していたというが、その日は家にいなかったようだ。

     警察によると、女の精神が不安定であることから詳しい取り調べは困難な状況で、動機や殺害の方法などはいまだ不明。ただ、泣き叫ぶ実の娘を生きたまま焼き殺すなどという所業は、正常な心理状況下でできるものではないだろう。

     早期のメンタルケアにより女児の命を救うことができなかったものか、悔やまれるばかりだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    離婚情報まとめ!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【超驚愕】生きたまま焼いたのか?実の娘をバーベキューコンロで・・・】の続きを読む



    (出典 tosakenchannel.com)


    離婚情報まとめ!

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

    浮気して息子虐待して家放り出して遊びに行くくせに今更離婚したくないとかwwwwww
    息子置いて出ていってくれwwwwww


    【【最悪】浮気に子供虐待に遊び倒して離婚は拒否!辛いのwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.t-leo.com)


    離婚情報まとめ!

    1 離婚さんいらっしゃい

    DVされて離婚したから悪いのは相手?

    人生の展望に欠ける自分に甘すぎるバカ
    もうちょっと自分に責任持って生きろ

    悪いのは全部相手~って小学生の屁理屈かよ


    【【苦】嫁に手をあげる夫!正当化は当たり前?】の続きを読む



    (出典 kyun2-girls.com)


    離婚情報まとめ!

    1 ねこ名無し ★@\(^o^)/

    韓国の警察は、文在寅(ムン・ジェイン)新政権のもと、国内に大きな衝撃を与えたある“今夏の事件”を発端に、再発防止の「100日間の撲滅キャンペーン」を張って10月末まで、厳重な警戒、取り締まり体制を敷いている最中だ。

    深刻な事件というのは、「北の核」以外で、韓国で長年、置き去りにされてきた国内問題である。

    今夏、7月の猛暑のある日、首都・ソウル中心街で、白昼堂々、韓国人男性が元交際相手の女性を殴る蹴るなどの暴行を働いた挙句、トラックで街中を追いかけ回し、なぎ倒す様子が動画で韓国全土に“実況中継”された。

    炙り出される虐待大国の実態

    国民に大きなショックを与えた同事件をきっかけに、これまで国や警察の対応が生ぬるく批判されてきた韓国での女性への虐待や暴力、ひいてはDV(家庭内暴力)による離婚急増など、虐待・離婚大国、韓国の実態が炙り出されている。

    「韓国人男性の8割が恋人を虐待」――。

    これまで効果的な対処がなされなかったこの重大な社会問題に、新政権がどう対処するか、文政権の手腕も試されている。

    今回の事件をきっかけに、こんなショッキングなデータを事件後の8月中旬、韓国刑事政策研究学院がまとめた。7月の事件は、氷山の一角であることが明らかになったというわけだ。

    ちなみに、韓国国家警察によると(8月上旬公表)、交際相手や配偶者の男性が女性に肉体的暴力を働いた犯罪人数は、2015年で8367人にも上り(犯罪件数は同年約31万件)、前年比で約9%増加。過去5年間では、233人の女性が*れたという。

    今回、同研究学院がまとめた統計は、2000人の韓国人男性への聞き取り調査を元にしており、その中で、約80%に相当する約1600人が、「交際中の女性を肉体的、あるいは心理的に虐待したことがある」と回答。

    具体的には、「性的嫌がらせ」(約40%)、「心理的虐待」(約37%)、「肉体的暴力」(約23%)、「性的虐待・暴力」(約18%)を継続的に行っていたことが明らかになった。

    性的暴力を振るった男性の4人に1人は、交際相手の同意を得ずに、*やお尻、胸を触ったことがあるという。そして性的、心理的虐待を認めた全体の4人に1人が、交際女性に対する見せしめで、地面を激しく蹴ったり、ドアを乱暴に閉めるなどの行為を働いていた。

    このほか、約100人が女性に打撲傷を負わせたり、失神、あるいは骨折させるまでの肉体的暴力を行っていたなど、恐ろしい実態も明らかになってきた。

    韓国では、これらの女性への暴力や虐待への警察や国の対応が長年、批判されてきたが、現行法ではストーキングに対する罰則も「約1万円」ポッキリと非常に軽い罰金で片づけられてきた。

    今回の調査でも、交際相手の女性への暴力、虐待を認めた韓国人男性のうち約7割が、家族や友人との関係や交際を規制することで、女性の行動を支配してきた問題行動も明るみに出た。

    儒教や家父長制が原因と言うが・・・

    その男性の支配的行動の中には、交際女性が誰と電話したり、一緒にいるかを執拗に確認したり、女性がその男性からの電話を取るまで一方的に電話し続けたり、女性の服装を指定したりしてきたことが含まれていた。

    調査を行ってきた韓国の専門家は、「これらの暴力行為は、韓国にいまだ根強く残っている儒教や家父長制が原因。そのため、虐待する男性は、その行為が交際女性への虐待であると認識していない」と分析している。

    しかし、韓国社会がグローバル化する中で、過去の習慣や制度に責任を転嫁すること事態、問題の根幹は根深い。一方、韓国は軍事政権時代以降、民主化を進め経済が発展するとともに、儒教の教えを守った一昔前とは違い、離婚への抵抗が少なくなってきている。

    その結果、女性への虐待や暴力などが原因の離婚が増加し続け、離婚率はOECD(経済協力開発機構)の中でもトップクラスを“維持”。

    国際的に離婚率は、人口1000人当たりで離婚成立した合計数を使って算出するが、日本の厚生労働省の「平成27年(2015)人口動態統計の年間推計」では、日本の2014年の離婚率は1000人当たり「1.77件」。韓国は同年、「2.3件」(韓国統計庁)で、日本を大幅に上回っている。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51009

    (続く)


    【【大嘘】男性の8割が女性を虐待⁈離婚大国!韓国w】の続きを読む

    このページのトップヘ