バッちゃんの星

バッちゃんの星は、5chやTwitterなどで離婚を考えている方や離婚経験のある方、家庭内別居、不倫、浮気、モラハラ等、離婚に関係する情報をまとめています。毎日更新していきますので、皆様のご意見等お待ちしておりま~す!

    カテゴリ: 面会交流



    (出典 www.riconhiroba.com)


    親子面会問題情報まとめ!

    1 みつを ★ :2018/03/06(火) 05:22:54.61 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180306/k10011352661000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    3月6日 5時19分
    離婚などで離れて暮らす子どもと会うことができない親たちと、支援している弁護士グループが、親子が迅速に面会交流できるようにする法律の整備を求めて国を訴える裁判を起こすことになりました。

    裁判の準備を進めているのは、夫婦間の離婚や別居で子どもと離れて暮らしている親たちと、支援している弁護士グループです。
    こうした「別居親」たちは、「面会交流」で子どもと定期的に会うことを望んでいますが、同居している親の反対で実現まで何年もかかったり、事前の取り決め通りに会えなかったりした経験があるということです。

    弁護士グループは、家庭内暴力などの問題がないのに片方の親が一方的に子どもを連れ出したような場合でも別居親が迅速に子どもと会えないのは、面会交流に関する法律が整備されていないからだと主張して、別居親など14人を原告に、国に賠償を求める裁判を近く東京地方裁判所に起こすことを決めました。

    提訴する上野晃弁護士は「定期的に親子が交流できる法制度が存在していないことで、会えずにつらい思いをしている親と子どもがいる。国会で立法措置を整えてくださいと求める思いで訴えを起こしたい」と話しています。


    【【面会交流】定期的に親子が交流できる法整備求め提訴へ】の続きを読む



    (出典 www.sendai-rikon.net)


    親権争い情報まとめ!

    1 たんぽぽ ★

    http://www.j-cast.com/2016/06/11269387.html?p=all

    厚生労働省の人口動態統計(年間推計)によると、2015年の離婚件数は22万5000組にのぼる。毎年それだけの夫婦が、別々の道へと歩み始めるのだが、夫婦の縁は切れても、その子供にとっては「父親」と「母親」のままだ。

    しかし、離婚後に親権を持たない方の親が子供との面会交流を求めても、なかなか思い通りにはいかないケースがある。なかには一方の親が子供の「連れ去り」をしてしまい、もう一方との面会を拒絶することも――。別居や離婚した親子の「面会交流」を追った。

    日本は離婚すると片方の親だけに親権与える

    日本では現在、米国など諸外国が採用する「共同親権」ではなく、「単独親権」の制度がとられている。つまり離婚すると、片方の親だけに親権が与えられ、もう一方には親権が認められない。

    親権者を指定する上では、「主たる養育者か」や「継続性があるか」などいくつかの要件に照らして検討される。親権を望む親は、とくに継続性の面で有利になろうと「連れ去り」や「引き離し」をして、もう一方の親と面会させないケースが多々あるという。自分とだけ一緒に子供と過ごせば、継続性が生まれるからだ。

    そんな背景のもと、2008年7月に「親子の面会交流を実現する全国ネットワーク(親子ネット)」が発足した。親権をめぐり、実子との交流が困難な当事者を中心に、別居後の親子交流をすすめる法整備や、支援制度の確立を目指す団体である。

    親子ネットは定期的に、講演会を実施している。16年6月11日には東京・池袋で、上野晃弁護士(日本橋さくら法律事務所)や、東京国際大学の小田切紀子教授(心理学)らを招いて、「フレンドリー・ペアレントルール(寛容性の原則)」について参加者と情報を共有した。
    親権者指定に「寛容性」の基準導入

    千葉家裁松戸支部で16年3月、このフレンドリー・ペアレントルールを採用した判決が出た。同居親を決める上で、親権を認められた側が別居親の存在を肯定的に子どもへ伝えられるか、面会交流に協力できるかといった「寛容性」を判断基準にした判決で、その父親側代理人が上野弁護士だ。

    あらましは、こうだ。不仲だった夫婦のうち、母親が娘を連れ、父親に無断で実家へ帰省した。それから約5年にわたり、父親は娘に会えなくなった。父親は親権を求めて提訴。父子面会の条件として「月1回程度」を提示する母親側に対して、父親側は自分が親権者になった場合、母子面会を「年間100日程度」認めるとした。

    「継続性の要件」を採った場合には、長く同居している母親側が有利に考えられるが、松戸判決では「年間100日」の面会計画がポイントとなり、父親を親権者とし、娘の引き渡しが命じられた。すでに控訴されているが、親子ネットによると、フレンドリー・ペアレントルールを明確に採用した「国内初」の判決だそうだ。

    親権をめぐる訴訟では、もう一方が親権者として適格でないと示すため、相手を誹謗中傷することが多々あるようだ。しかし、離婚後も一緒に子供を育てる「共同養育」の考え方では、親権を奪いあう必要は少なくなる。

    「どちらかが善であって、どちらが100%の悪であるなんていう事はない。少なくとも子供との関係では、絶対にそんなことありえない。だからこそ、両親いずれかが100取るのではなく、両親のいずれも子供ときちんと関われる形を作る必要がある」(上野弁護士)
    草の根活動だけでなく、政治家も動きつつある。超党派の国会議員による「親子断絶防止議員連盟」(会長:保岡興治元法相)は2016年5月、親子関係の維持に向けた法案骨子をまとめた。松戸判決の控訴審は、7月にはじまる予定。東京高裁がどう判断するか、注目が集まっている。


    【【面会交流】親権望んだ「子供連れ去り」を防いで離婚夫婦が共に...】の続きを読む



    (出典 howcollect.cdn-donuts.jp)


    親権争い情報まとめ!

    1 孤高の旅人 ★ :2017/08/16(水) 13:34:50.63 ID:CAP_USER9.net

    面会交流中に娘と無理心中 父親を書類送検へ
    更新:08/16 12:26

     今年4月、兵庫県伊丹市のマンションの一室で別居していた4歳の娘と面会交流中に無理心中した父親について、警察は16日午後、容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する方針です。

     書類送検されるのは、伊丹市の会社員・武田康平容疑者(当時40)です。警察によりますと、武田容疑者は今年4月、マンションの自分の部屋で離婚後に別居していた娘の松本侑莉ちゃん(当時4)の首を絞めるなどして殺害した疑いがもたれています。当時は裁判所で認められた最初の面会交流のさなかで、武田容疑者もその場でネクタイで首を吊り自*ました。

     「モヤモヤはずっと残ってますけど、前を向くしかないかな。侑莉の声とか感触とか覚えているけど、忘れていってしまうのかな」(母親)

     警察は16日午後、容疑者死亡のまま書類送検する方針です。


    【【最悪】父親死亡のまま書類送検...娘と無理心中...】の続きを読む



    (出典 blog.foto.ne.jp)



    303 離婚さんいらっしゃい

    子供にどうしても会いたければ面会交流の審判を受けろ
    そうすると調停に付された後に家裁で審判してもらえる
    相手はおまえらに子供を会わせたくないから、ステージは高等裁判所に移る
    そこまでに掛かる時間は2~3年かな
    良かったな、運がよければ2~3年後に子供に会えるかもしれないね


    【【調停】子供にどうしても会いたければ面会交流の審判を?...】の続きを読む



    (出典 www.nakamori-houmu.jp)



    145 離婚さんいらっしゃい

    憂鬱だ
    今日、面交日
    断るネタもつきたんだよな
    初心に戻って、子供が会いたくないって言ってるにするか
    2年と4ヶ月こんな感じで成功してる


    【【憂鬱】2年と4カ月成功してるが断るネタも切れ…【面会交流日】】の続きを読む

    このページのトップヘ